ど素人がHugoを使ってみる ―Macにインストール―

脱!WordPressを目指してHugoを勉強し始めました。
飽きたからCMSやめるわーって話ではなく、単純に作業効率をあげたいと思いました。
ブルートフォースアタックも以前より減りましたが、忘れた頃にポロッとやってくるので。
ていうか、年末あたりから毎日のように攻撃されてるんですけど!なんでや!
きちんと対策しているので特に被害はないですけどね。

【必要なもの】

  • Homebrew ←要注意人物
  • 何が起きても動じない心

Step 1)Homebrewのインストール

作業環境を整えるMacOSXのパッケージマネージャ「Homebrew」のインストール方法と使い方
(困ったらここというくらいお世話になってるLIGさんのブログ)
Homebrewの公式サイトからコマンドを拾ってくるだけです。

Step 1.5)

ここで大問題が発生。
brew doctorしたらWarningだらけでした。
その中で気になったのが“subversion”という文字。
試しにコミットさせてみると、subversionを1.7系にしてね!云々の警告。
一瞬なにが起こったのか把握できませんでした。
結局、この日はsubversionを元に戻す作業で終わってしまいました。
事前調査の甘さを痛感…。

Step 2)

いよいよHugoをインストールします。
brew install hugo
すっごいドキドキしながら画面を見つめてました。
で、またしてもエラー。
ファイル落とせないんですけどー?ってエラーが出てしまって、もうどうしたらいいのか頭真っ白。
何のことはなくて、もう一度brew install hugoすれば良かったんですけど、想定外のことが起こるとフリーズします。

Categories: web
Tags: #hugo